教育訓練給付制度

社会人の方に朗報! キャリアアップや資格取得をバックアップ!

学費の60%(3年間の上限額144万円)が
ハローワークより支給よりされます!

本校夜間部なら実質196万円(入学金・授業料)で通学可能!

本校の3学科が、国家試験の受験率80%以上、国家試験合格率全国平均以上、就職率・在職率80%以上の要件を満たし、教育訓練給付金の専門実践教育訓練として、厚生労働大臣より指定されました。

対象学科
東洋医療学科
東洋医療鍼灸学科(昼間・夜間)
柔道整復学科(昼間・夜間)

教育訓練給付制度とは

働く方の能力開発の取組み、キャリア形成を支援するため、教育訓練受講に支払った費用の一部を支給するとともに、専門実践教育訓練を受講する45歳未満の離職の方に対しては、基本手当が支給されない期間について、受講に伴う諸経費の負担についても支援を行うことにより、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。

専門実践教育訓練給付金について

支給対象者 受講開始日現在に雇用保険の被保険者期間が2年以上あること。
在職中または、離職後(離職の翌日から受講開始日まで)1年以内の方。
ただし、平成26年10月1日以降に教育訓練給付金を受けた場合は、10年以上の雇用保険の被保険者期間を有すること。
※受給資格については、詳しくはお近くのハローワークにてご確認ください。
支給額

教育訓練経費の60%【3年間の上限額:144万円

(内訳)
①教育訓練経費の40%【3年間の上限額:96万円

さらに受講修了後、資格を取得し、受講修了日の翌日から1年以内に一般被保険者として雇用された場合に追加支給

②教育訓練経費の20%【3年間の上限額:48万円

さらに雇用保険の基本手当の半額が支給される教育訓練支援給付金も、平成31年3月31日までの時限措置として新設されます。(支給には一定の要件があります。詳しくは、お近くのハローワークまでお問い合わせください)

申請手続きについて

受講前の手続き

受講開始日の1ヶ月前までに手続き。
訓練前キャリアコンサルティングにおいて、ジョブ・カードの交付を受けて、本人住所を管轄するハローワークに書類を提出。

1カ月前までに手続き 受講開始日

支給申請

教育訓練の受講者本人が、受講中及び受講修了後にハローワークに書類を提出。

支給申請期間

【受講中】受講開始日から6ヶ月ごとの一定期間 【受講修了後】受講修了日の翌日から1ヶ月以内 【追加支給を申請する場合】資格を取得し、一般被保険者として雇用された日の翌日から1ヶ月以内

申請手続きの流れ(全体図)

全体図

教育訓練給付制度については必ず下記のリンク先をご覧ください

受給資格については、さまざまや要件や制約がございます。詳しくは、お近くのハローワークにお問い合わせください。