理学療法学科イメージ

理学療法学科

医療専門課程/リハビリテーション教育評価認定施設

卒後教育

学内教育から卒後教育まで一貫したサポート体制

患者さんの障害の度合いや部位によって、その訓練方法もさまざまです。それらをすべてマスターするためには、優れた教育に加え、豊富な経験が必要です。 だからこそ卒後教育が重要となってきます。本学科では、教員や卒業生(校友会会員)などを中心に、学内教育から卒後教育まで一貫したサポート体制を整えています。

卒後教育
  • 在学中

    01学内教育

    POINT/現場の医療視点での教育

    保健や福祉などの各分野で活躍する兼任教員や、国内外で評価の高い専任教員が授業を担当。教員がこれまでに得た豊富な経験とともに、最新のトピックスを取り入れた授業で、医療の現場に対応できる能力を養います。

  • 02実習教育

    POINT/独自のシステムでサポート

    小児発達を学び、豊かな人間性を身に付ける人間発達学保育所実習をはじめ、さまざまな実習科目を設置。 実習先の施設や本学科の卒業生と協力し、安心して実習に参加できるシステムを構築しています。

  • 卒業後

    03校友会 学術研修

    POINT/最先端を学ぶ

    校友会の理学療法部会が中心となり、定期的に研修会や講習会を開催。経験豊富な先輩や第一線で活躍している専門家から、現場で役立つ最先端の情報や技術を得ることが可能です。

  • 04卒後ゼミナール

    POINT/指導書や教育者を養成

    教育研究提携施設の理学療法士を対象に、卒後臨床および研究ゼミナールを開講。将来の実習指導者や教育者の養成に努めています。 また、高度医療機関を研修指定病院として確保し、高い臨床能力を持った理学療法士の養成に力を注いでいます。

  • 研修会・勉強会テーマ例
    〈研修会・勉強会テーマ例〉
    股関節・膝関節の病態運動学
    課題志向型アプローチにおける姿勢調節の評価と治療
    運動障害と学習 -障害者の運動学習に着目して-
    五十肩の疼痛症候に対する筋運動学的観察
    小児領域 ヒューマンムーブメント入門
    壊れた脳 生存する知 -高次脳機能障害を生きる医師として-
    リハビリを受ける側の視点から
    最新の運動療法の考え方とリスクマネジメント