東洋医療学科イメージ

柔道整復学科

職業実践専門課程/教育訓練給付制度指定講座

カリキュラム

実技重視のカリキュラムで、活躍できる人材を育てる。

カリキュラムイメージ

3年間を通して、基礎分野、専門基礎分野、専門分野、選択必修分野の4つをバランスよく学びます。近年は、国家試験においても知識重視の傾向となっていますが、信頼される柔道整復師になるには高度な技術の習得がより重要です。
本学科は、本校独自の「実技マニュアル」を作成するなど、常に柔道整復学の技術をリードしてきました。そのノウハウを随所に生かしたカリキュラムによって、的確な判断力、ハイレベルな技術力を養い、卒業後、即戦力として活躍できる人材を育成します。

年次別カリキュラム

年次
医学の基礎を学び、
“正常”な人体を理解。
年次
身体における傷害と
治療方法を学ぶ。
年次
豊富な演習科目で
判断力と技術力を養う。
基礎分野
  • 健康科学(2単位)
  • 臨床心理学(2単位)
  • 情報科学Ⅰ(2単位)
  • 英語(2単位)
  • 情報科学Ⅱ(2単位)
  • 経営学Ⅰ(2単位)
  • 経営学Ⅱ(2単位)
専門基礎分野
  • 解剖学Ⅰ(6単位)
  • 解剖学Ⅱ(2単位)
  • 生理学Ⅰ(骨・神経等)
    生理学Ⅱ(循環呼吸等)(7単位)
  • 関係法規(2単位)
  • 柔道(3単位)
  • 運動学(2単位)
  • 病理学概論(3単位)
  • 一般臨床医学(診察)(2単位)
  • 一般臨床医学(内科)(2単位)
  • リハビリテーション概論(3単位)
  • 衛生学・公衆衛生学(3単位)
  • 柔道(3単位)
  • 外科学概論(3単位)
  • 整形外科学Ⅰ(3単位)
  • 整形外科学Ⅱ(3単位)
  • 柔道(2単位)
専門分野
  • 柔道整復学総論(2単位)
  • 柔道整復学各論Ⅰ(2単位)
  • 柔道整復学各論Ⅱ(2単位)
  • 柔道整復学実技Ⅰ(1単位)
  • 柔道整復学実技Ⅱ(1単位)
  • 柔道整復学実技Ⅲ(1単位)
  • 柔道整復治療学Ⅰ(3単位)
  • 柔道整復治療実技Ⅰ(2単位)
  • 柔道整復学各論Ⅲ(2単位)
  • 柔道整復学各論Ⅳ(1単位)
  • 柔道整復学各論Ⅴ(1単位)
  • 柔道整復学実技Ⅳ(1単位)
  • 柔道整復学実技Ⅴ(2単位)
  • 包帯学実技(2単位)
  • 柔道整復治療実技Ⅱ(2単位)
  • 柔道整復治療実技Ⅲ(1単位)
  • 柔道整復治療実技Ⅳ(1単位)
  • 柔道整復学各論Ⅵ(1単位)
  • 臨床実技実習(1単位)
  • 柔道整復臨床論Ⅰ(1単位)
  • 柔道整復臨床論Ⅱ(3単位)
  • 柔道整復臨床論Ⅲ(1単位)
  • 柔道整復臨床論Ⅳ(1単位)
  • 柔道整復治療学Ⅱ(1単位)
  • 柔道整復治療学Ⅲ(1単位)
  • 柔道整復治療学Ⅳ(1単位)
  • 柔道整復治療実技Ⅴ(1単位)
選択必修分野
  • 総合柔道整復学演習Ⅰ(1単位)
  • 総合柔道整復学(6単位)
  • 総合柔道整復学演習Ⅱ(4単位)
合計 38単位 36単位 39単位

2017年4月現在のものです。法令により変更になる場合がございますのでご了承ください。